司法書士

過払い金の悩み解消マニュアル

過払い金の返還請求

司法書士

司法書士とは国民の権利と財産を守る専門家のことです。これでは少し漠然としているのでもう少し詳しく説明しましょう。例えばあなたが土地を所有してマイホームを建てるとき、「登記」と言う法律上の手続きが必須になります。この登記が無い限りあなたの土地の所有者はあなたでは無いということになります。

この時の登記を行うのが司法書士の仕事です。またあなたが会社を起こそうとしたとき法人登記をしなければなりません。これらの登記事項には非常に煩雑な事務手続きが必要です。それらの難しい登記事務を全てあなたに成り代わってスムーズに行ってくれるのが司法書士なのです。

また裁判所や検察庁、法務局に提出する書類の作成や破産時の財産を管理する破産管財人、遺言を預かり故人となった時にその遺言を執行する遺言執行人、相続財産管理人、青年後見人、不在者財産管理人など雑多な業務を行います。そして法務大臣の認可を受けた認定司法書士は簡易裁判所に対して民事訴訟の手続き、訴訟上の和解の手続き、支払い督促の手続き、証拠保全、民事保全手続き、民事調停手続き、裁判外での和解交渉、相談業務を行うことができます。司法書士は国家資格です。

弁護士よりもより身近な法律の専門家としての役割を担っています。過払い金に関して法律の専門家に依頼するとして、弁護士と司法書士のどちらに依頼するかは頭を悩ませるところですが、まずあなたの借金の総額(1社の合計ではなく、全ての借金の総額です)が140万円以上なら弁護士への相談となります。

140万以上の借金に対して訴訟を起こすのは地裁に対してということになるので司法書士では地裁への訴訟提起の代理人は務まりません。しかし140万円以下なら司法書士の方が費用面などで有利になる場合もありますし、以前登記などでお世話になったことのある司法書士が居たら話もしやすいかもしれません。

スポンサードリンク

過払い金について
過払い金の返還請求
過払い金が返還されるまで
債務整理の方法1 任意整理
債務整理の方法2 民事再生
債務整理の方法3 自己破産
債務整理の方法4 特定調停
Copyright (C) 過払い金の悩み解消マニュアル All Rights Reserved