弁護士費用

過払い金の悩み解消マニュアル

過払い金の返還請求

弁護士費用

弁護士に過払い金の返還請求を依頼するとして、費用は一体いくらかかるのだろう?これはとても気になるところですね。一般的に弁護士費用と言われるものには「着手金」「報酬金」「手数料」「時間制手数料」「日当」「実費」「預かり金」「法律相談料」「顧問料」などがあります。

これらは案件、弁護士事務所によって大きく変わってきますので一概には言えないのが本当のところです。また和解で終わる場合、民事訴訟になった場合、個人訴訟、集団訴訟で民事訴訟で解決できる場合の他に、貸金業者が29.2%以上の法外な利息を取っていた場合は刑事訴訟になる可能性もあるので様々な費用がかかってくるのが本当です。

ただし、場合によっては貸金業者に慰謝料などの名目で請求する事もあるので弁護士さんと良く相談することが大切です。上記のうち、「顧問料」はおそらく請求される事は無いはずですが、裁判の当日の場合は時間制手数料ではなく日当になる可能性もあるようですが、一般的には時間制手数料であなたが弁護士さんに相談した時、または一緒に交渉していた時の時間によって支払われることになると思います。

また最近では最初の相談料は無料と言うところが増えてきましたので、最初にかかる費用としては着手金になるかと思います。これも相場というのは無いのですが、大体5万円前後が多いようです。

また過払い金の総額により成功報酬として返還金額の20%前後を弁護士さんに払い、あとは訴訟の際の印紙代とか交通費や通信費を実費で支払うことで済む場合もあります。しかし債務整理や自己破産の必要性が出てきたらその時はまた別途支払う費用がかかってきます。

スポンサードリンク

過払い金について
過払い金の返還請求
過払い金が返還されるまで
債務整理の方法1 任意整理
債務整理の方法2 民事再生
債務整理の方法3 自己破産
債務整理の方法4 特定調停
Copyright (C) 過払い金の悩み解消マニュアル All Rights Reserved