自己破産とは

過払い金の悩み解消マニュアル

債務整理の方法3 自己破産

自己破産とは

自己破産とは、多額の借金を抱えて現在から将来の収入や財産を処分しても借金の完済が非常に困難であることを裁判所に認めてもらい、手持ちの財産を処分する事を条件に法的に借金をなくしてもらう手続きのことを言います。

自己破産に追いやられる場合は当然過払い金の返還請求などの状態ではないので、個人が行える債務整理の中ではかなり強硬な最終手段といえるでしょう。借金の全額の支払い免除になることを免責と言いますが、免責を認めてもらうことで債務者にも社会的に不利に働く条件がつくことになりますが、実生活でその影響を受ける人は極わずかだと思われます。

自己破産の申し立ては債務者が暮らしている住所を管轄する地方裁判所か簡易裁判所で行われることになります。なお簡易裁判所で申し立てが出来るのは借金の総額が140万円以下の場合となります。手続きは個人で行うことが法的には原則となりますが、煩雑な事務手続きが必要となりますし、債権者に対する交渉などの面においても弁護士か司法書士に依頼する方が無難だと思われます。

弁護士や司法書士に依頼をした時点で介入通知が債権者に対して送付され、通知を債権者が受理した時点で督促や取立てなどの行為は一切ストップします。借金の総額が140万円を超える場合は地方裁判所に対して申し立てを行うので、この場合は司法書士が代行できるのは書類の作成等となります。

自己破産は「支払い不能者」の為に借金の全額免除(免責)を申請する制度ですが、支払い不能に陥った理由がギャンブルなどの場合は免責が認められない場合もあります。裁判所に対して申し立てから執行までの期間は6ヶ月から1年ぐらいかかります。

スポンサードリンク

過払い金について
過払い金の返還請求
過払い金が返還されるまで
債務整理の方法1 任意整理
債務整理の方法2 民事再生
債務整理の方法3 自己破産
債務整理の方法4 特定調停
Copyright (C) 過払い金の悩み解消マニュアル All Rights Reserved