任意整理について

過払い金の悩み解消マニュアル

債務整理の方法1 任意整理

任意整理について

基本的に過払い金問題というのは借金問題です。過払い金の有無を調べる際に債務整理が必要となる場合もあります。債務整理にはいくつかの方法があり、任意整理はそのうちの一つです。

債務整理が必要な状況とは債務者の支払い能力を超えた借入金が残っている場合にとられる手段で、任意整理とは取引開始時まで遡って、引き直し計算によって借金を減額した上で、原則として金利をカットし、元本のみを三年程度の期間で分割返済する契約を貸金業者と再度結びなおし、債務者はその和解内容にしたがって借金を返済する方法です。

債務整理の和解交渉は弁護士か司法書士が代理人となって行います。したがって和解交渉中は督促や取立ては行われません。上記のケースとは逆に債務整理を行うつもりで弁護士や司法書士に相談に行って、引き直し計算をしてもらったら実は過払い金が発生していて借金は完済していた状態だったというケースもあります。これは引き直し計算によってあなたが法律上本当に返済しなければならない借金の額が明らかにされたからです。

このように多くの貸金業者がグレーゾーン金利と呼ばれる本来は違法であるにも関わらず刑事罰に問われない高額の金利をとるという行為が横行していました。過払い金が発生した場合には債務者は逆に貸金業者に対して過払い金の返還請求を行うことが出来ます。

しかし現実に借金問題に悩む人は債務整理が先なのか、過払い金請求が可能なのか悩むことが殆どだと思います。自分の意思が固まらないうちは貸金業者に対しても強気の交渉など出来ないのが普通でしょう。交渉してもすぐに取引履歴を開示してくれる保障もありません。ですから先ずは弁護士でも司法書士でも良いので相談して自分の「本当の借金の状態」を知ることが肝心です。

スポンサードリンク

過払い金について
過払い金の返還請求
過払い金が返還されるまで
債務整理の方法1 任意整理
債務整理の方法2 民事再生
債務整理の方法3 自己破産
債務整理の方法4 特定調停
Copyright (C) 過払い金の悩み解消マニュアル All Rights Reserved