任意整理の仕組み

過払い金の悩み解消マニュアル

債務整理の方法1 任意整理

任意整理の仕組み

何故任意整理をすると借金の総額が減額されるのでしょう?これには「利息制限法」と「出資法」という2つの法律が関係してきます。利息制限法では金利の上限が15~20%と決められています。またこの上限を超えた金利を設定してもそれは無効とも決められています。

一方、改正賃金業法が完全施行される2006年以前の出資法では上限金利が29.2%と定められていて、これを超えた金利を設定した場合にのみ「5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金またはこれを併科する」という刑事罰が科せられていました。

つまり貸金業者からしてみれば、利息制限法の上限金利を超えて金利を設定しても、出資法の上限金利を超えさえしなければ刑事罰には問われなかったのです。このように民法上は無効にも関わらず刑事罰に該当しない金利を「グレーゾーン金利」と呼ばれていて、貸金業者の多くはグレーゾーン金利による違法な金利を取り続けていたのです。

任意整理では借金の取引開始時まで遡って利息制限法の上限金利まで金利を引き下げ、グレーゾーン金利分の利息を元本に充当させて、利息制限法に定められる債務者が本来返すべき借金の額を再計算します。これを引き直し計算と言います。

債務者は引き直し計算後の元本のみを分割返済することになるので借金の総額が減額されるのです。また、引き直し計算の結果、既に借金は完済していて、そこから更に違法金利分を支払わされているケースも発生します。この払いすぎているお金のことを過払い金と呼び、この金額は貸金業者に対して返還請求を起こすことが出来ます。

スポンサードリンク

過払い金について
過払い金の返還請求
過払い金が返還されるまで
債務整理の方法1 任意整理
債務整理の方法2 民事再生
債務整理の方法3 自己破産
債務整理の方法4 特定調停
Copyright (C) 過払い金の悩み解消マニュアル All Rights Reserved