どうして発生するの?

過払い金の悩み解消マニュアル

過払い金について

どうして発生するの?

過払い金は本来貸金業者に払う必要がないにもかかわらず支払ってしまったお金のことです。では、どうして過払い金が発生してしまうのでしょうか?貸金業者は人にお金を貸す時に守らなければならない法律があります。その法律の中で金利の上限を定めている法律が「利息制限法」で。

これは金額に応じて15%~20%となっていますが、改正貸金業法が完全施行されるまでは、出資法では上限金利は29.2%とされていて、これを超えた金利を課した場合には刑事罰(5年以下の懲役あるいは1000万円以下の罰金、またはその両方」が貸金業者には課せられていました。つまり利息制限法を越えても出資法の上限まで金利を設定しても民事上はその金利は無効のはずなのに貸金業者に対しては刑事罰が科せられないグレーゾーンがあったのです。

このグレーゾーンが過払い金の正体です。貸金業者は巧みにこのグレーゾーンを利用し、金利を設定して、高額の金利を搾取していたのです。改正貸金業法の完全施行からは出資法の上限利息も20%と改められたのでこのグレーゾーン金利はなくなりました。

では、どのぐらいの期間貸金業者と取引していれば過払い金が発生するのでしょうか?これは借り入れの状況や毎月の返済額によって違いが出てくるために一概には言えませんが、ある法律事務所の調べでは10万件のデーターをもとに解析した結果、取引年数が5年以上で50%以上、10年以上ではなんと80%を超える割合で過払い金が発生しているとの報告があります。

改正貸金業法の完全施行は2010年6月ですので、現段階で5年以上貸金業者と取引がある人は過払い金がないかどうか確認してみる必要がありそうです。

スポンサードリンク

過払い金について
過払い金の返還請求
過払い金が返還されるまで
債務整理の方法1 任意整理
債務整理の方法2 民事再生
債務整理の方法3 自己破産
債務整理の方法4 特定調停
Copyright (C) 過払い金の悩み解消マニュアル All Rights Reserved