過去の借金については?

過払い金の悩み解消マニュアル

過払い金について

過去の借金については?

今、あなたに取引中の借金があり、5年以上支払いを続けているなら過払い金が発生している可能性が高いと先述しました。では過去の借金についてはどうでしょう?安心してください、過払い金は過去に遡って返還請求可能です。また貸金業法は2006年に改正されました。

では2006年以前の借金については泣き寝入りなのでしょうか?これいについては具体例を示しながら解説したいと思います。まず以前に完済した借金があり、今現在完済前の借金がある場合、過払い金を計算するときは原則として完済前の取引も全て含めた借入金が対象となります。ただし完済から再契約までの期間が長期間に及ぶ場合は消滅時効によって、以前の取引が対象とならないケースもあります。

しかし事案によって裁判所が再契約までの空白が長期間に及ぶ場合でも全ての取引を対象と認めた場合もありますので、一概には言えないと思ってください。次に過去に完済した借金の場合はどうでしょう?これは対象になります。完済している場合、引き直し計算する前の状態で既に借金の残高が0円ですので約定金利が法定金利を上回っている場合はほぼ確実に過払い金が発生している状態です。

しかしこれにも対象とはならないケースがあります。過払い金の返還請求権は法律上10年で消滅時効となります。したがって完済してから10年が経過している借金の場合は返還請求が困難となります。最後に借り換えした場合について考えて見ましょう。

同一業者からの借り換えであれば同一の借金とみなされますので借り換え前の取引が存在する場合は過払い金が増加している可能性があります。また違う業者に借り換えと称して借金をしている場合はもらさず全ての取引を弁護しなり司法書士に提示してください。

スポンサードリンク

過払い金について
過払い金の返還請求
過払い金が返還されるまで
債務整理の方法1 任意整理
債務整理の方法2 民事再生
債務整理の方法3 自己破産
債務整理の方法4 特定調停
Copyright (C) 過払い金の悩み解消マニュアル All Rights Reserved